佐賀県 有田焼 八右衛門窯 大慶:電子レンジ・オーブン対応調理器兼食器UTSUWA美 

メディア掲載情報

日経MJ(2009年9月30日版)
日経MJ(2009年9月30日版)
日経MJ(2009年9月30日版)で紹介されました。
佐賀新聞(2009年9月26日版)
佐賀新聞(2009年9月26日版)
佐賀新聞(2009年9月26日版)さが政経ワイドで紹介されました。
STS「かちかちワイド」(2009年2月3日放送)
STS「かちかちワイド」(2009年2月3日放送)
2009年2月3日STS「かちかちワイド」で紹介されました。
佐賀新聞(2007年6月22日版)
佐賀新聞(2007年6月22日版)
煮る、焼く、湯銭、蒸す 有田焼の多機能鍋
有田町の窯元「大慶」が多機能鍋を有田焼きで開発した。二種類の鍋を重ねた形で煮る、焼く、蒸す、湯銭の四種類の機能を兼ね備えている。焼き物の特性を追求したアイデア調理器具として話題になりそうだ。
佐賀新聞(2006年6月16日版)
佐賀新聞(2006年6月16日版)
遠赤外線で炊飯上手。窯元大慶 有田焼商品を販売
有田町山谷の窯元・大慶は家庭の炊飯器に米と一緒に入れて炊くだけで、ご飯をおいしくする「ふっくら炊っくん」を発売した。
朝日新聞(2006年2月11日版)
朝日新聞(2006年2月11日版)
陶土と上薬に遠赤外線を放射する岩石微粉を含んだセラミック炊飯器「炊っくん」を開発した。
米を入れてIH調理器(磁力線の働きで鉄鍋などに熱を与える仕組みの調理機で、熱効率が高い)などで熱すると、遠赤外線の効果で米の中心部から表面まで同時に加熱されるため、ご飯がふっくら炊きあがるという。
STS「かちかちワイド」(2005年10月6日放送)
STS「かちかちワイド」(2005年10月6日放送)
2005年10月6日STS「かちかちワイド」で紹介されました。
STS「かちかちワイド」(2005年10月6日放送)
STS「かちかちワイド」(2005年10月6日放送)
2005年10月6日STS「かちかちワイド」で紹介されました。
TVQ「九州経済NOW」(2004年12月18日放送)
TVQ「九州経済NOW」(2004年12月18日放送)
2004年12月18日TVQ「九州経済NOW」で紹介されました。
TVQ「九州経済NOW」(2004年12月18日放送)
TVQ「九州経済NOW」(2004年12月18日放送)
2004年12月18日TVQ「九州経済NOW」で紹介されました。
佐賀新聞(2004年3月24日版)
佐賀新聞(2004年3月24日版)
セラミックIH調理鍋開発
割れにくく高級感も
西松浦郡西有田町の陶磁器製造販売「大慶」(森義久社長)がIH調理器に対応可能なセラミック製の鍋を開発した。
佐賀新聞(2003年11月8日版)
佐賀新聞(2003年11月8日版)
西松浦郡西有田町の焼き物商社「大慶」(森義久社長)がIH調理器で使えるセラミック製の炊飯器を開発した。
磁力に反応しない焼き物でも加熱できるよう工夫した。